2021.04.01 from Manager

ウィッグカットよりも遥かに人間モデルさんでカットする方が勉強になる!!

毎月Attinaアカデミーでカットのトレーニングをしますが、今回は全員のスタッフがモデルさんを呼んでトレーニングしました。

ウィッグといって、お人形さんのカットはいつでもトレーニングできるし、基礎のカットトレーニングには
ウィッグが欠かせません。

ただ、基礎ができるようになったら
今度はスタイルをカットしますが、スタイルのカットは
最初はウィッグでも勉強になりますが
やはり1番勉強になるのは、人間モデルさんです。

なぜ?

人間の頭の形、髪の量、生えグセ、つむじなど
100人いたら100通りの違いがあります!

なので、色々な人の髪でカットしたら
とっても勉強になります。

その人の骨格や目鼻立ちに似合わせたカット
これは人を観察する力が鍛えられます!

その方のどこが綺麗だから、より美しく見えるラインでカットできるか?
どこにボリュームがあったら、もっと綺麗か?

日本人の頭の形は残念ながらデコボコしていて
ハチも張ってて、絶壁だったりして
カットが難しいのです。

なので、日本人の美容師さんはかなりのカットのトレーニングが必要なんです。

似合わせカットのためには、どうやって切るか?
展開図と呼ばれるものをかけるようになると
カットの構造が理解出来ていることになります。

↓展開図の書き方教わる

モデルさんのお顔のバランスを見て
ボリュームはここが綺麗だなとか、髪の量などを見たあとで展開図を書いて、いよいよカットします。

顔周りは、特に丁寧にカットします。
似合わせで1番大事なところなので。

スタイリストデビューまで、鈴木や本橋は
100人の人間モデルさんでカットトレーニングします!

色々な人を、カウンセリングしながら
似合わせを勉強したり
カットの構造を理解していきます。

ここから、また面白く
そして責任感が増すところです。

どんどん大人に成長していく2人が楽しみです。

スタイリストの米山と野口は、大久保からテクニカルな
技術指導を受けております。

やはり人間モデルさんで、実際にお客様と同じくカウンセリングしてからのトレーニングは、
アドバイスがやりやすいようで

色々なポイントを2人に注入しております。

スタイルは、再現性も大切なので
ハンドブローで決まる髪型にしてあげると
お客様に喜んでいただけますね。

髪を傷めない
そして、手触りの良いカット

どんどん上達していくのが、本当に楽しみです。

後輩指導もしている2人は、人を育てることで
自分自身も成長していきます。

Attinaアカデミー3月も盛り上がりました。

こちらも、本物の情報をお届けするために頑張っております。
是非ご覧ください。

You Tube番組
「Attina大人の美髪チャンネル」
https://youtube.com/channel/UCjqWJ_3P-5YcOHrQDdP_2CA

Share:

  • Facebook
  • twitter
  • Line

Current BLOG