2021.05.01

復元トリートメントの工程

STEP.1 髪や頭皮に関する悩みをお聞きします

専用のカウンセリングシートを使い、髪や頭皮の状態で気になるところを教えていただき、髪の専門家であるヘアニストが、なぜその悩みが継続するのかをお伝えいたします。 復元トリートメントで特に解決したい悩みが解決したら、どんな未来を手に入れたいのかを一緒に共有してこれからの施術方針を決めていきます。

「対処の未来」→すぐに綺麗になるが継続しない

「根本解決」→時間がかかるが髪本来の美しさを作る

復元トリートメントは「根本解決」の未来です。

STEP.2 毛髪の状態を確認

現在の髪の状態を診断します。3つの診断をします。

1、立毛筋の状態

 歳を重ねることで立毛筋が弱ります。立毛筋が弱ると、髪全体のボリュームが出づらくなり、特に頭頂部のボリュームが出なくなります。髪の根元が立ち上がらないと毛先がはねやすくなりスタイリングが決まりづらくなるのも問題です。

*立毛筋とは??

鳥肌が立った時に毛がたちますが、その時に無意識に使われる筋肉のことです

2、髪の硬化チェック

 現在の髪のしなやかさを診断し復元トリートメントを施術した後の効果を確認します。

 日常で使っているシャンプーやヘアケア剤にはシリコンが含まれています。そのシリコンが髪に付着して層になると、髪本来のしなやかさを失い、しなやかで艶のある状態にはなりません。

3、髪の質量のチェック

 髪の重さを測ります。 

髪の効果チェック同様、髪にはシリコンがたくさんついています。シリコンがついた髪は重さを感じます。復元トリートメントを施術した後の軽さを体験するために確認します。

STEP.3 頭皮の状態を確認

マイクロスコープを使い頭皮診断します。

診断するポイントは3つ

1、毛穴のつまり

 蓄積した毛穴の汚れがどの程度かを確認します。

2、頭皮の色、状態

 血流の状態により頭皮のコンディションが変わります。肌の状態によっても日頃のお手入れ方法が違いますので、確認後アドバイスいたします。

3、髪の立ち上がり

 1つの毛穴から2〜3本の髪が垂直に生えていると健康な状態と言われてます。どのような状態かを確認します。

STEP.4 クレンジングシャンプー

復元シャンプーと使用して、髪についた汚れをしっかりと落とします。

キューティクルを傷つけないような洗い方をレクチャーしながら洗って行きます。

通常の洗い方はゴシゴシ 洗いますが、キューティクルを傷めない洗い方は、地肌から毛先に対して一方方向に指を通すように洗って行きます。髪のダメージの原因は全て摩擦によるものですので、できるだけ摩擦を起こさない洗い方をしていきます。

SETP.5 復元剤(シャンプー)の導入

復元剤(シャンプー) をたっぷりと地肌から毛先までつけていきます。

この復元剤は導電性物質(電子)を含んだもので、洗浄成分である界面活性剤が20%、残り80%は髪の栄養成分でできています。

復元剤をショート   の方で20プッシュ(60ml)、ミディアム40プッシュ(120ml)、ロング60プッシュ(180ml)使用します。 この量を髪につけているとほとんどのお客様が驚きます。ダメージによっては全てこの量を吸い込んでしまいす。

髪が飴のようになったら、浸透の合図です。

復元剤(シャンプー) の効果を促進するために、しっかりとラップで密封したのちに、IR(促進機)に10分間入ります。この機械は赤外線と育成光線が出ており、復元剤の中の電子にエネルギーを与え、復元剤の効果を促進します。この機械に入ると体も暖かくなり、目の疲れや肩こりも解消するとのお声をいただいています。

SETP.6 復元剤(シャンプー)のお流し

復元剤(シャンプー) をしっかり流します。

お流しのやり方もキューティクルを損傷しないように、髪の根元から毛先に向かって手ぐしを通しながら流していきます。

ここで全てのシリコンが取れ、「素髪」の状態になります。

SETP.7 復元剤(トリートメント)の導入

髪の栄養成分100%の復元剤(トリートメント) をたっぷりと地肌から毛先までつけていきます。

復元剤はキューティクルが損傷した断面に成分が化学吸着します。吸着した場所にさらに化学吸着することで擬似的なキューテイクルを作ります。

復元剤はショート   の方で20プッシュ(60ml)、ミディアム40プッシュ(120ml)、ロング60プッシュ(180ml)使用します。 この量を髪につけているとほとんどのお客様が驚きます。ダメージによっては全てこの量を吸い込んでしまいす。

髪が飴のようになったら、浸透の合図です。

STEP.8 復元剤(トリートメント)のお流し

復元剤(トリートメント) をしっかり流します。

お流しのやり方もキューティクルを損傷しないように、髪の根元から毛先に向かって手ぐしを通しながら流していきます。

これで、復元トリートメントが終了です。

STEP.9 ブロースタイリング(復元ドライヤーを使用)

ブローは復元ドライヤーを使用します。

通常のドライヤーは熱と風を使って髪を乾燥させて乾かしますが、この復元ドライヤーは水分を1秒間に100億回振動させ、気化させることにより髪を乾かすメカニズムです。髪をダメージさせる熱を与えないことで 復元されたキューティクルを守ります。

STEP.10 アフターカウンセリング

復元トリートメント後の髪の状態を診断します。

3つの診断をします。

1、立毛筋の状態

 復元剤に含まれる導電性物質をたっぷりとチャージしたことで、立毛筋が活性化され驚くほど立ち上がります。

2、髪の硬化チェック

 蓄積していたシリコンが全て取れることでしなやかで艶やかな髪になりました。これが「素髪」の状態です。 

3、髪の質量のチェック

 実際にご自身の髪に手を通していただき確認していただきます。「カットしていないのに軽くなった!」とのお声をいただきます。これも「素髪」になった体感です。

復元トリートメントの仕上がり

仕上がりに状態です。

頭頂部にボリュームが出にくいのと、毛先が内巻きに入りにくい悩みが解消されました。自然なボリュームによって華やかなイメージになり、艶も健康的で自然です。

復元トリートメントお客様の感想はこちら

Share:

  • Facebook
  • twitter
  • Line

Current NEWS